イセキチだってつれづれ語りたい

無駄に多趣味で広く浅い知識しか持ち合わせないアラサー男が、気になったことを思いのままにつらつら語ります。たまにいいこと言いたがりなのはご愛嬌★

奇怪な機械

どもども!

 

 

金曜日です!

明日はおやすみですね☆

 

イセキチはちょっと串本まで行ってまいります!

 

インドアの申し子であるわたくしがこの糞暑い中でかけるのは

若干不安ではありますが、

たまにはレジャーしてきますw

 

 

今日はこんな話

 

下半身の車輪で自在に移動することができる子ども型アンドロイド(人間型ロボット)「ibuki(イブキ)」が7月31日、東京都江東区日本科学未来館で報道陣に初公開された。将来的には人に付き添って道案内をするなど、人間と親密な関係を持つ存在を目指すという。 

 アンドロイド研究の第一人者である大阪大の石黒浩教授らのチームが開発した。イブキは身長120センチ、体重37キロ。10歳の子どもをイメージし、威圧感を減らした。骨格はカーボンやプラスチックで作られ、顔と手の部分にシリコーン製の皮膚をかぶせた。 

 四つの車輪と腰の関節で揺れながら進むことで、人が歩くのと同じような自然さを実現した。全身に計47個のモーターが配置され、ほほ笑みを浮かべたり、手を振ったりといった動作が可能。5本の指で物をつかむこともできる。 

https://www.yomiuri.co.jp/photo/20180801/20180801-OYT1I50014-N.jpg 
https://www.yomiuri.co.jp/photo/20180801/20180801-OYT1I50015-N.jpg 

動画 
https://www.yomiuri.co.jp/stream/?id=09254&ctg=3 

(ここまで353文字 / 残り90文字) 
2018年08月01日 11時51分 ※全文は会員登録をしてお読みいただけます 
https://www.yomiuri.co.jp/science/20180801-OYT1T50044.html

 

f:id:seichon:20180803114803p:plain

 

 

 

そのロボット「ibuki」がこちら

 

andoroid

 

 

 

ん?

 

 

 

そして動画こちら↓

youtu.be

 

 

 

 

うん!すごい!

 

 

凄いんだけど、すごい怖い!

 

 

夜中に道の向こうからこれがやってきたら

もう恐怖以外の何物でもないですねw

 

 

夏らしい怪談ですよww

 

 

しかも人間らしい動きで揺れさせる発想はすごいと思うんですが、

足が車輪だけに、からくりにしか見えないというのも惜しいですねw

 

表情もまだまだ「不気味の谷」を超えるのは難しそうです・・・。

 

 

 

まぁ

「千里の道も一歩より」

 

これがいつの間にか本物と見まがうよなロボットになるかもしれませんしね!

 

 

ただ、

停止状態のこれらが部屋のそこらに転がっていると考えたら・・・。

 

 

おわかりになるだろうか?

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

では!

 

 

こちらもチェック↓

揺れながら自在移動、ほほ笑む子ども型アンドロイド「イブキ」(動画) - 科学