イセキチだってつれづれ語りたい

無駄に多趣味で広く浅い知識しか持ち合わせないアラサー男が、気になったことを思いのままにつらつら語ります。たまにいいこと言いたがりなのはご愛嬌★

子どもたちにできること

どもども!

 

 

梅雨時にも関わらずぐっすり眠ったな!

と思ったら超絶腹痛・・・

 

仕事にならねぇと思い、

コンビニに何かないかと探しに行っても

二日酔いとか食べ過ぎに効く薬しかねぇ・・・・

(まぁ薬局じゃないものね・・)

 

気休めにと思って試してみると・・・

 

めっちゃ効いたw

 

自分の体の構造は物凄く単純なようですww

 

 

さて、話は180°変わりますが、

この写真をご覧ください↓

tai

 

 

これは小学校の給食の風景です。

 

見ての通り明らかに食べてる量が少ないですね。

 

ですが、これは貧困などで食べられないわけではありません。

 

その理由とは・・・

 

あるタイの小学校の悲しすぎる給食 

タイのFacebookページに2018年5月31日に投稿された、タイ南部スラタニ県ターチャナ郡にある小学校の給食の映像が話題になっています。 

給食で児童たちが食べているのは、カノムチンと呼ばれる米粉麺にナンプラー(タイの魚醤)、あるいはソースをかけただけのもの。児童によっては数切れのキュウリや少量のスープがあるようですが、極めて質素で、栄養の不足した給食です。 

報道によると、保護者の証言として、小学校には給食代として児童1人当たり20バーツが役所から支給されると伝えています。この学校の場合は278人の児童で、1日当たり5,560バーツが支給されていることになります。また調理人と掃除人に合わせて1日500バーツが支払われるため、実際に食料を購入できるのは5,000バーツほど。ところが保護者によると、おそらく食料の購入費用は、予算の半分のおよそ2,500バーツであるとしています。また現在の校長になってから、質素な給食になったとのこと。 

この映像が拡散されると、批判が殺到し、校長は停職に。現在は役所により、なぜ質素な給食になったのか調査が続けられています。ちなみに校長が停職になるや、ご飯に、おかずに、フルーツなど、食べきれないほどの給食が提供されるようになったのだとか。 

タイランドハイパーリンクス 
http://www.thaich.net/news/20180605tk.htm 
http://www.thaich.net/wp-content/uploads/2018/06/gakko-kyushoku-thai.jpg


記事の通り
現在の校長になってから、質素な給食になったとのこと。 

とありますから、

 

恐らく補助金を校長が横領、中抜きを行っていたと考えられます。

 

 

これは本当に許せないことです。

 

 

ですがこういった事例は氷山の一角どころかその1部分でしかなく、

 

中には子どもに教育すら受けさせず、安い賃金で働かせ、

本来もらうはずのお金を着服するような話も山ほどあります。

 

労働や教育だけではなく、

最近話題になっている児童虐待のニュースもあまりにもひどすぎて聞くに堪えません。

 

 

ですが逆に僕としては自分が子どもたちに”何をしてあげられるか?”を考える機会にもなりました。

 

もし子どもができたり、できなくても関わることがあれば

何を教えてあげられるのか?

などなど

 

結局、実際に親になったり関わってみないとわからないことはあると思いますが、

もしこれを読んで頂いた方で、

これから親になったり、先生等の職業に就く方、

はたまたもうなっている方、

ぜひ一度真剣に考えたり、見つめなおしてください。

 

僕ら大人の行動が子どもたちの一生を左右することもあります。

 

もし間違ったことをしてしまっていたなら

今からでも構いません。

ちゃんと子どもと向き合ってください。

 

時間がかかってでも考えることをやめなければ、

それはもちろん子どものためにもなりますし、

自らのためにもなるのですから。

 

 

 

どうでしたでしょうか?

 

たまにいいことを言っていると

またお腹がぶり返してきたので今日はこの辺で・・・ww

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

皆さんも体調にはくれぐれもお気をつけを!

 

 

では!

 

 

こちらもチェック↓

【タイ】あるタイの小学校の悲しすぎる給食 - 世界