イセキチだってつれづれ語りたい

無駄に多趣味で広く浅い知識しか持ち合わせないアラサー男が、気になったことを思いのままにつらつら語ります。たまにいいこと言いたがりなのはご愛嬌★

星の数ほどの星の数

どもども!

 

 

蒸し暑くなってきましたね・・・。

 

そろそろ梅雨に背中をつつかれて参りました。

 

この時期は疲れもたまりやすく、お風邪を召される方も多いみたいですね。

 

電車でもよく咳をされてる方をお見掛けします。(できればマスクをしてほしい)

 

慢性的な疲れが抜けないときは遠い宇宙のことに思いを馳せてはどうでしょう?←定期

 

 

https://techcrunchjp.files.wordpress.com/2018/05/embargo20180518fordisplay4flat8x10300dpiedit1textflat2.jpg 

先月NASAが打ち上げた衛星TESS(Transiting Exoplanet Survey Satellite)は、何千もの星の中に地球に似た太陽系外惑星を探すことが目的だが、このほど最初の試験画像を送ってきた。それはとりあえずざっと撮ったもので“科学品質”のものではないが、それでもミッションの規模を伺わせるに十分だ。TESSが調べる領域は、この画像がとらえている領域の400倍の広さだ。 

上図はケンタウルス座周辺のスターフィールドだが、2秒間の露出で20万あまりの星をとらえている。TESSにはこのような画像を撮るカメラが4基あり、それらをすべて同時に使い続ける。27日かけて二つの軌道を通り、宇宙のそれぞれ異なる領域を観察する。 

https://techcrunch.com/wp-content/uploads/2018/05/starcrop.jpg 

これらのスターフィールドの高解像度の画像を繰り返し撮ることにより、地上のチームはわずかに暗くなる星(恒星)を見つけ、その星と太陽系の間を惑星が通過したことを検出する。この方法は類似のKeplerミッションに比べてはるかに多くの星を観察でき、比較的狭い視界でも、暗くなる星だけに着目することによって、今後調べる対象となる何千もの太陽系外惑星の証拠を見つける。 

TESSはやっと昨日(きのう)、月からの重力アシストをもらって、最終軌道に接近できた。5月30日の最後のエンジン噴射によりその操作を終了し、その作者たちが設計したきわめて偏心的でまだ試されたことのない軌道に乗る。 

軌道に到達し、すべてのシステムが良好なら、TESSが地球にもっとも接近する二週間おきの機会に、新しい画像を送ってくる。初めての、完全に調整された利用可能な画像、通称“first light”は、6月の予定だ。 

2018年5月19日 
techcrunch 
https://jp.techcrunch.com/2018/05/19/2018-05-18-nasas-newest-planet-hunting-satellite-takes-a-stellar-first-test-image/ 

他ソース 
地球型惑星探すTESSが初画像 20万個の星のじゅうたん(2018/5/21 10:41) 
https://this.kiji.is/371110856504706145




20万個とか言われても、想像つかないですよねw

 

なので実際に見てもらうわかりやすいと思います。

 

 

ではどうぞ

 

 

space

 

 

 

これ、カーペットにこぼした小麦粉じゃないですよ?

 

全部、星です。

 

 

宇宙と聞けば

だいたいの人はこういうの↓想像すると思うんですよ。

 

 

ところがどっこい

私たちが住む太陽系が所属する銀河系だけでも

なんと2000億もの星があると言われています。

 

 

20万なんてそのごくごくごく一部にすぎませんが、

これぐらい↓の数が見えても不思議じゃないですよねw

 

space

 

これだけの数があるんですから、

地球に似た星がないわけないですし、

僕らと似たような生き物がいないわけないじゃないですか!

 

 

ロマン、広がりません?

 

 

 

地球からの夜空ではさすがにここまでは見えませんが、

真っ暗な空の先には、これほどの星々が煌めくことに胸躍らせると

少し日常から離れることもできるかもしれませんね。

 

 

 

 

たまにはちょっと素敵っぽいこともいいたいのです。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

では!

 

 

こちらもチェック↓

惑星探査衛星「TESS」 20万個の星だらけの最初の試験画像を送ってきた - 科学