イセキチだってつれづれ語りたい

無駄に多趣味で広く浅い知識しか持ち合わせないアラサー男が、気になったことを思いのままにつらつら語ります。たまにいいこと言いたがりなのはご愛嬌★

世界一の○○

どもども!

 

 

春も半ばというのにものすごく寒い・・。

 

そんな寒さを和らげてくれる人もなく・・・。

 

じゃあどうしよう

 

よし!なんかテンション上がる話題でも取り上げよう!

         (最近前振りが雑になってきた気がする)



 

 出水市高尾野の川原華唯都(けいと)さん(18)が、「世界一髪の長い10代」としてギネスブックに認定された。記録は身長とほぼ同じ155.5センチで、従来の記録を3.5センチ更新した。認定を機に初めて髪を切る決意をし、かつらの材料に寄付しようと考えている。 
 インターネットで記録を知ったおばから、1月にギネス挑戦を勧められた。申請には専門家(美容師)や親族以外の証人が立ち会って長さを測り、その模様も撮影。華唯都さんは計測で生まれて初めて美容室に行き、2度の申請を経て3月、正式認定された。 

https://373news.com/_news/?storyid=91866 
http://imgur.com/8Nuhr2M.jpg

hair

 

うん。

思ったほどテンション上がらんかったけど、

この長さはすごいですね!!

 

 

これだけの髪をぼさぼさにならないように手入れするのは

相当大変ですよね!(伸ばしたことないから知らんけど)

 

 

出かけるときは髪をまとめるんでしょうけど、

これだけの量まとめるのも凄まじい手間がかかりそうです。。。

 

 

世界一には世界一なりの苦労があるんでしょうね・・

 

ということで今日は

世界一の〇〇をご紹介!

 

 

世界一長生きした女性

ジャンヌ=ルイーズ・カルマン

JeanneCalmentaged40.jpg

ジャンヌ=ルイーズ・カルマン(Jeanne-Louise Calment、1875年2月21日 - 1997年8月4日)は人類史上、最も長生きをした人物である。フランス人女性であるカルマンは122年と164日間生き、確実な証拠がある中で大還暦(120歳)を迎えた史上唯一の人物である。               (参照元 Wikipedia

 

 

 

122年!?

これだけ長生きだと悲しい別れもたくさんしてきたんでしょうね・・

 

世界一背の高い人間

ロバート・パーシング・ワドロー

ãã­ãã¼ãã»ã¯ãã­ã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ロバート・パーシング・ワドロー (Robert Pershing Wadlow、1918年2月22日 - 1940年7月15日) は、「疑う余地のない医学的な記録がある中で、最も身長の高い人間」としてギネスブックに記載されている男性。死亡時の身長は272 cmという前例のないものであり、体重は約200 kgであった。ワドローは成人後も死ぬまで身長が伸び続け、このような高身長になったのだが、それは脳下垂体腫瘍のためであった。  

参照元 Wikipedia

 

 

でかい・・

どう考えても周りが子供ぐらいにしか見えませんw

 

しかし背の高すぎる人はだいたい杖をついていますけど、

やはり通常よりも負荷が多いんでしょうか・・

 

 

世界一体重の重い人間

ジョン・ブラワー・ミノック

f:id:seichon:20180418115210p:plain

 

ワシントン州ベインブリッジ・アイランド出身。 幼いころから肥満に悩まされており、12歳の時点での体重は132kgで、22歳の時の彼の身長は185cmで、体重は178kgだった。1978年3月、37歳の時にピークの635kgに達した(このときBMI185.54)。それからは、一日のカロリーを1200kcalに制限するというダイエットを16ヶ月間行ってから退院した。 この時の体重は216kgで、419kgも体重を落としたことになる。 しかし、彼は1981年に再入院し、体重が432kgに増えた。それから、彼の浮腫が不治のものであることが分かり、23ヶ月後の1983年9月10日に42歳で亡くなった(このときの体重は362kgでBMI105.77)。(参照元 Wikipedia

 なんかこういうの見てると

「体重が大台に乗って・・」

とかで悩むのが馬鹿馬鹿しくなってきます。

 

そして419kgも人間体重落とすとかそれこそ命に関わりません?

 

 

 

以上です!

 

 

世界は広いもので、

本当に様々な人がいるなと人並みなことしか言えませんが、

結局のところ思うのが、

普通に生まれて、普通に生きて、普通に死んでくのって

結構幸せなことなんじゃないかと思うのです。

 

 

こういうささやかな幸せに気づけたら

人生もうちょっと楽しめるのかもしれませんね。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

では!

 

 

こちらもチェック↓

【鹿児島】「世界一髪の長い10代」身長とほぼ同じ155.5センチ、ギネス認定 出水の高3・けいとさん - 話題