イセキチだってつれづれ語りたい

無駄に多趣味で広く浅い知識しか持ち合わせないアラサー男が、気になったことを思いのままにつらつら語ります。たまにいいこと言いたがりなのはご愛嬌★

シティーハンター復活!

どもども!

 

 

寒いです!

 

もう3月も後半だぜ?

 

おかしいぜ!

 

暑くなるのも嫌だけど、寒さが戻るのはもっと嫌なんだぜ!

 

こんな時は胸を熱くさせる略して胸アツな何かが欲しい!!

 

人気漫画『シティーハンター』(原作:北条司氏)の新作アニメーション映画『劇場版シティーハンター(仮題)』の製作が決定し、2019年初春に公開されることが19日、発表された。
冴羽リョウ(※漢字はけものへんに寮)は神谷明、槇村香は伊倉一恵というテレビアニメからのオリジナルキャストの継続も決定。
同シリーズの劇場アニメが公開されるのは1990年以来29年ぶりとなる。

神谷は「僕の中にはずっと冴羽リョウが生き続けていました。1999年のテレビスペシャルから20年が経ち、このような形でリョウと香、2人の『シティーハンター』にもう一度逢えるなんて感激です!」、伊倉も「えっ、また100トンハンマーを振り回せるんですか!? 20年経って再び香の声ができるなんて、なんて幸せ!!」と共に喜んでいる。

新宿を舞台にさまざまな依頼を受け、法で裁けぬ悪と闘う「シティーハンター」ことリョウは、超一流の射撃の腕をもつ裏社会No.1の始末屋(スイーパー)だが、無類の女好き。
相棒の香は、依頼人の女性に手を出そうとするリョウを時に“撃退”しつつも、仕事のパートナーとして支え成長していく。

2人の活躍を時にハードボイルドに、時にコメディチックに描いた原作は、1985年『週刊少年ジャンプ』で連載開始。
87年にサンライズ制作、読売テレビ日本テレビ系列でテレビアニメが放送開始され、シリーズ140話、スペシャル3作に加え、劇場版3作が公開された。
中国で実写映画が製作されるなど海外でも人気が高い作品。
昨年のテレビアニメ放送開始30周年を機に、今回の長編アニメーション企画が始動した。

現在の新宿を舞台にリョウと香が活躍する完全新作ストーリーが展開し、アニメーション制作は引き続きサンライズが担当。
総監督としてテレビアニメと過去の劇場版で監督を務めたこだま兼嗣氏、脚本は「妖怪ウォッチ」でシリーズ構成・脚本を務めた加藤陽一氏が初参加する。

発表と同時に原作者・北条氏が同作のために新たに描き下ろした第1弾ビジュアルが公開され、公式サイトなどでは製作決定を記念したスペシャルムービーもお披露目された。
また、劇場版の製作決定を記念し、リョウの誕生日である3月26日に『シティーハンター冴羽リョウ×ぴあ』(ぴあMOOK)の発売が決定した。

神谷明コメント
僕の中にはずっと冴羽リョウが生き続けていました。1999年のテレビスペシャルから20年が経ち、このような形でリョウと香、2人の「シティーハンター」にもう一度逢えるなんて感激です!

伊倉一恵コメント
えっ、また100トンハンマーを振り回せるんですか!? 20年経って再び香の声ができるなんて、なんて幸せ!! しかも北条先生の絵を見る限り、静かに収まってない気配。大暴れ出できる体力はあるのか少々心配ですが、気持ちはすでに香です。はぁ、もう待ちきれない

(全文はコチラ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-00000322-oric-ent

「劇場版シティーハンター(仮題)」第1弾ビジュアル
http://cdnx.natalie.mu/media/news/eiga/2018/0319/cityhuntervisual_20180319_fixw_640_hq.jpg
シティーハンター冴羽リョウぴあ」表紙
http://cdnx.natalie.mu/media/news/eiga/2018/0319/cityhuntermook_20180319_fixw_640_hq.jpg

201803191907485d7.jpg

神谷さんキタぁーーーーーーーーーー!!!!

 

よかった・・・ほんとよかった・・・

 

名探偵コナン毛利小五郎の声が変わってしまったんで、

ひょっとしたら冴羽リョウも変わってしまうんじゃないかと心配していましたが、

安心しましたよ!!マジで!!!!

 

 

 

 

失礼。取り乱しました(定期)

 

 

 

シティーハンター」を知らない人のために↴

誌上において1985年13号から1991年50号にかけて連載。前作『キャッツ♥アイ』に続く北条司2作目となる連載作品。東京・新宿で殺し・ボディーガード・探偵等を請け負うスイーパー「シティーハンター」の活躍を描くハードボイルドコメディ。現代劇として描かれたため、連載時の1980年代後半が舞台で、「シティーハンターが美人の依頼人から仕事を受け、その依頼を数話をかけてこなす」というのが基本構成となっている。全体を通しての伏線などはあるものの、依頼人・仕事の内容はその都度異なり、問題を解決した依頼人は原則として再登場せず、各依頼の繋がりもない。なお本作ではヒロインである槇村香が「男受けするキャラではない」という判断から、毎回男受けする「美女」を登場させていた。

 

そうなんです。

 

ヒロインが「男受けするキャラではない」んです。

 

だって基本100トンハンマー持ってますから。

槇村香 100t に対する画像結果

 

 

ちなみに実写映画では

なんとジャッキー・チェンが冴羽の役を務めています↴

シティーハンター 実写 に対する画像結果

 

 

パッケージ裏の衣装がジャッキーでしかないww

 

 

 

 

最近もシティーハンターのパラレル漫画「エンジェル・ハート」が実写ドラマ化されていて、主演を上川隆也さんが演じています↴

シティーハンター 実写 に対する画像結果

 

 

あんまり似てないけど、

 

さすがかっこいいですね!

 

ハードボイルドな雰囲気がよく似合います!

 

ちなみに「エンジェル・ハート」はヒロインの槇村香が死んだ後の物語です。

台湾から来た殺し屋の少女と、新宿のスイーパーとの家族愛の物語。

新宿に現れた史上最強の暗殺者は、美しすぎる人間兵器だった。彼女(香瑩)のコードネームは「グラス・ハート」。完璧を誇る仕事振りに組織からは高い評価を得ていたが、彼女の心は、暗殺という任務を重ねる度に軋み、蝕まれていった。やがて彼女は自ら死を選ぶが、組織の力によって、再び現世に呼び戻された。事故死した冴羽の最愛のパートナー、槇村香の心臓を移植されて。

香の心臓を移植したことにより、「グラス・ハート」と呼ばれた彼女の心に変化が起き、感情が生まれた。そして暗殺から手を引き、組織と対立する意思を持つ。香の心臓を持つ事によって無意識の内にと接触し、スイーパーとして「シティーハンター」の世界に入っていく。

エンジェル・ハート に対する画像結果

 

 

ただし、あくまでパラレルワールドの話なので

今度の新作ではちゃんと100tハンマーを元気に振り回してる模様ww

 

 

個人的に神谷さんの声含め、物凄く楽しみでございます!

 

 

興味を持たれた方は是非見に行ってみては?

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

では!

 

 

 

こちらもチェック↴

【アニメ】『シティーハンター』29年ぶり新作アニメ映画、19年初春公開 神谷明&伊倉一恵が続投 - アニメ