イセキチだってつれづれ語りたい

無駄に多趣味で広く浅い知識しか持ち合わせないアラサー男が、気になったことを思いのままにつらつら語ります。たまにいいこと言いたがりなのはご愛嬌★

伊賀と甲賀について

どもども!

 

週明けでテンションが上がりませんね。

 

そんな時は自分の趣味に逃げ込むのも一つの手でございます。

 

私の場合は下記のような話を語りだすと、極端にテンションがあがります。

 

 

http://www.sankei.com/smp/west/news/180203/wst1802030033-s1.html

「忍者月間」を盛り上げようと、滋賀県甲賀市観光協会や市職員らが、甲賀忍者ゆかりの油日(あぶらひ)神社(同市甲賀町油日)の清掃を行った。

 甲賀忍者のふるさとを打ち出す同市では、語呂合わせで「ニンニンニン」となる「忍者の日」(2月22日)にちなみ、2月を忍者月間と位置づけて、さまざまな関連イベントを計画している。

 その手始めとして、戦国時代には甲賀忍者が集まって統治の協議をしたと伝えられる同神社を掃除した。同神社は、映画などのロケ地にもしばしば使われるなど“聖地”となっている。

 黒や赤の忍者衣装に身を包んだ職員らは約1時間、国指定重要文化財の拝殿の雑巾がけや、周辺道路のごみ拾いを行った。参加者は「先達への尊敬と感謝の気持ちを込めた」と話した。マスコットキャラクター「にんじゃえもん」も参加した。

 同市は今月に市内保育園での忍者教室や、市職員が忍者衣装で執務するなど、さまざまなPRイベントを行う。

f:id:seichon:20180205152507p:plain

 

清掃風景↴
ninja

 

さすが忍びの里!!

 

盛り上げ方が一味違いますね!!

 

記事を読む前に「忍者月間」って、

てっきり役所の人が定時前にドロンするのかなと思いました!(白目)

 

 

忍者といえば、甲賀忍びと並び称されるのが”伊賀忍”でございます。

 

そんな伊賀ではこんなことが・・・

 



 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180203-00001415-isenp-l24
【伊賀】伊賀南部環境衛生組合は1日、伊賀南部クリーンセンター(三重県伊賀市奥鹿野)が収集したごみから
散弾銃の実包を見つけたと発表した。
名張署は許可なく廃棄した可能性があるとみて、火薬類取締法違反の疑いで捜査している。

 組合によると、同日午前8時50分ごろ、センターで回収したごみを検査していた臨時職員が発見。
ポリバケツのふたを開け、入っていたビニール袋の中を確認すると、14発の実包が入っていた。

 見つかった実包は長さ約5センチ、直径約2センチ。
同署などが調べたところ、未使用で中には火薬や弾丸が入っていることが分かった。
前日に名張市内で回収した燃えないごみに入っていたとみられる。

 火薬取締法は実包の廃棄に県の許可を義務付けており、不要になった未使用の実包は取扱店に返却するのが
一般的な処分の方法という。同署は「処分に困った場合は警察に相談してほしい」としている。

 

f:id:seichon:20180205154235p:plain

あ、これやっとりますわww

 

まさか平成の世になっても伊賀と甲賀の血みどろの抗争が・・・

 

 

 

と、いうのは冗談で

 

 

特に歴史的に見ても、伊賀と甲賀の私怨じみた争いはなかったようです。

 

伊賀甲賀の対立構造は、時代小説の影響が非常に強いようです。

 

そもそも忍者という存在は傭兵・隠密・工作などを生業とした集団で、

商売として、スパイのような仕事をしていた人たちなのです。

 

なので、伊賀と甲賀の関係は、今でいう商売敵といった関係で、

a〇とdo〇omoとso〇to〇ankを想像してもらえばいいですね。

 

敵同士の大名にそれぞれ雇われれば”敵”ですし、

同盟関係の大名に雇われれば”味方”なわけです。

 

 

意外と僕らが知ってる歴史の常識って”小説”などの影響が強いんですね!

 

ちゃんと調べなければ誤解してしまうことも多いと思うんです。

 

じゃあいつ学ぶの?

 

 

今でしょ!!!(はい、古いとか言わない)

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

では!

 

 

こちらもチェック↴

【社会】三重県甲賀市は今月から「忍者月間」に入ります - 話題

【社会】伊賀 回収ごみから散弾銃の実包 名張署が捜査 三重 - 歴史