イセキチだってつれづれ語りたい

無駄に多趣味で広く浅い知識しか持ち合わせないアラサー男が、気になったことを思いのままにつらつら語ります。たまにいいこと言いたがりなのはご愛嬌★

ペタンココウビピンノというカニ

どもども!

 

金曜日です!

 

テンションマックスです!

 

そんなこんなとブログで金曜が来るたびに

何回も上記のフレーズを使ってる気がするんですよ。。。

 

なんというか己の語彙力の不自由さが切ないですわww

 

でもこういうのもいかがなものかと・・

 

東京都とお茶の水女子大湾岸生物教育研究センターの吉田隆太特任助教らは18日、小笠原諸島聟島列島の周辺海域で新種のカニを発見したと発表した。
甲羅が押しつぶされ、ぺたんこになっているような形から「ペタンココユビピンノ」と名付けられた。10日付の国際学術誌に発表した。

新種のカニは、甲羅の横幅が約7ミリと小型。ゴカイがすみかとしているストローのような形をした「棲管」の中から見つかった。ゴカイとの共生が考えられるという。
これまでに発見されたコユビピンノ科のカニはゴカイと寄り添って暮らすが、今回はゴカイと離れた場所で発見されており、習性が異なる可能性がある。

共同通信
https://this.kiji.is/326659201550107745

2018011820104862e.jpg

 

確かに平べったいですが、

ネーミングが、もう、ねwww

 

”ぺたんこ”って

もう少しなかったのかと思うんですよ

 

かわいいですけどもww

 

しかし世の中見渡せばさらに適当としか思えないネーミングの動植物がいるもので

 

今日はそちらをご紹介!

 

 

 

1、オジサン

ファイル:Parupeneus multifasciatus by NPS 1.jpg

インド洋、太平洋の珊瑚礁に棲息する。日本では駿河湾以南にて見られる。

オジサンという名前の由来は、顔の前面に髭があり(隠すことがある)、正面から見るとまるで人間のおじさんの様である事から付けられた名前である。                (参照元  Wikipedia

 

言わずと知れた泳ぐオジサンでございます。

人間のオジサンも色々いますけどモデルがいるんでしょうか?

 

 

 

 

 

 

2、トゲアリトゲナシトゲトゲ 

 

トゲアリトゲナシトゲトゲ に対する画像結果

トゲハムシ亜科(トゲハムシあか、Hispinae)とは、コウチュウ目(鞘翅目)ハムシ科の亜科である。トゲを持つ種が多いことからこの名がある。トゲのないトゲハムシ(トゲナシトゲハムシ)も含まれている。

かつては和名としてトゲトゲを使用した。そのため、現在でも古い本ではそちらが使われる場合がある。その場合、下記の和名のトゲハムシをトゲトゲに置き換えた形である(カタビロトゲハムシ(新):カタビロトゲトゲ(旧))。

トゲハムシとカメノコハムシの仲間には頭頂部が前方に強く突出し、口が頭頂部の下面に位置するという特徴がある。  (参照元  Wikipedia

 

トゲがあるのか?ないのか?いったい何なのか?

よくわかりませんww

 

 

 

 

 

3、ウッカリカサゴ

UkkariKG.jpg


ウッカリカサゴ(学名:Sebastiscus tertius)はカサゴメバル科に属する海水魚の一種である。和名は同属種であるカサゴ(S. marmoratus)と混同しやすいことにちなんで命名された。日本をはじめとした西太平洋に分布する。肉食で、岩礁などでみられる。様々な漁法で漁獲され、食用になる。

はい。まんまですねww

もうちょっとひねって!

 

 

 

 

4、リュウグウノオトヒメノモトユイノキリハズシ 

Zostera marina.jpeg

アマモ(甘藻 Zostera marina)の別名で、北半球の温帯から亜寒帯にかけての水深1 - 数メートルの沿岸砂泥地に自生する海草の一種。日本でも各地に分布する。雌雄同株で多年生の顕花植物であり、胞子で増える藻類ではなく、海中に生える種子植物である。

植物の中でもっとも長い名前で、

(龍宮の乙姫の元結の切り外し)

という和名です。使われることはほとんどないとかww

 

 

以上です!!

 

こうしてみてみると、

日本人ってなんだかすごく秀逸なネーミングセンスがありますよね。

独特というかww

 

ある意味この国で生まれてよかったなと思いましたよww

 

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

 

 

では!

 

 

こちらもチェック↴

【いきもの】小笠原諸島で新種のカニ発見 甲羅の横幅7ミリで「ぺたんこ」 - 動物