イセキチだってつれづれ語りたい

無駄に多趣味で広く浅い知識しか持ち合わせないアラサー男が、気になったことを思いのままにつらつら語ります。たまにいいこと言いたがりなのはご愛嬌★

世界の実業家の食事風景

どもども!

 

師走です。

 

年末に向かってますます忙しくなってまいります。

 

忙しくなってくると、ほんと食事の時間さえ惜しくなってきますよね。

 

では世界のトップにいる方々はどんな食事をとっているのでしょうか?

 

 

 

多くのビジネスパーソンにとって、1日のうちで一番長い休憩はランチタイムです。午後からを乗り切るためのエネルギーを補給し、午前中の仕事で疲れた頭をリフレッシュする大切な時間でもあります。

ところで、スティーブ・ジョブズビル・ゲイツイーロン・マスクといった世界の著名人やCEOはどんなランチタイムを過ごし、どんなランチを食べているのか、ご存知でしょうか? 興味ありませんか? 今回はそんな彼らのランチタイムの様子を紹介します。

Apple前CEO、スティーブ・ジョブズはやっぱり変わっている

スティーブ・ジョブズの風変わりな食習慣は有名です。NBC Newsが紹介しているWalter Isaacson氏の伝記によれば、ジョブズはニンジンやリンゴなど、1種類か2種類の食べものだけを何週間も食べ続けることがあったそうです。また、ビーガン(完全菜食主義者)となることもありました。フルーツ、ナッツ、種、野菜、穀物だけを食べて、動物性食品は一切口にしなかったそうです。

TeslaのCEO、イーロン・マスクのランチは5分だけ

イーロン・マスクは2014年のAUTO BILDのインタビューで「ランチはたいていミーティング中に5分で済ます」と答えています。自分でも悪い習慣だと思うけどね、と苦笑いしていました。

VOGUE編集長アナ・ウィンターは高タンパク主義

プラダを着た悪魔』に登場する鬼編集長のモデルとなったといわれているアナ・ウィンター氏。LDNfashionによれば、彼女は毎日高タンパクの食事を摂っているそうです。ランチはたいていステーキか、ハンバーガーのバンズ抜きだとか。また、雑誌「Harpers & Queen」時代の同僚によると、ウィンター氏はランチは食事抜きか、スクランブルエッグとスモークサーモンしか食べなかったそうです。

Appleの現CEO、ティム・クックは社員とフランクにランチをする

2012年の情報ですが、Business Insiderによると、ティム・クックはランチタイムによく会社のカフェテリアに現われ「偶然居合わせた社員と一緒に」ランチを食べているということです。いま現在も変わらずスタッフたちとランチを囲んでいるのでしょうか。
https://www.lifehacker.jp/2017/10/171010-what-do-sucessful-people-and-famous-ceo-eat-for-lunch.html

f:id:seichon:20171215104809p:plain

 

 

よくビジネス本や自己啓発本を読んでいると、

 

いろんな社長や実業家の生活習慣なんかが紹介されていますが、

 

やはりこれといって共通するところはないんですよね。

 

健康に気を使って菜食主義なんかする人もいますが、ジョブズ氏なんかは結構早死にしちゃってますし。

 

イーロン・マスク氏のように5分で済ますのもなんだか味気のない気がしますし。

 

ハンバーガーのバケット抜きはもはやハンバーグだろって突っ込みたくなりますし。

 

 

結局のところ各々仕事のやり方や、考え方なんかも多種多様であって、

 

そこに新たなイノベーションを生んでいくのはやはり才能なのかもしれません。

 

ですが、彼らには共通して、はっきりとした目的意識と

 

「新しいものを生み出したい」

 

というまっすぐな願望が今の地位を作ったともいえるんじゃないでしょうか?

 

 

だから僕らも腐らずに

 

そんな彼らの思考パターンなんかを見習ってみると

思わぬ兆しが見えるかもしれませんね!

 

 

最後に上記の画像は僕が描いたのですが

 

改めて見てみると

 

全然似てねぇじゃねぇか!!!www

 

もっとオラに画力を分けてくれーーーーーー!!!!!!

 

 

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

 

 

では!

 

こちらもチェック↴

【実業家】イーロン・マスクはランチを5分で済ます - ビジネス