イセキチだってつれづれ語りたい

無駄に多趣味で広く浅い知識しか持ち合わせないアラサー男が、気になったことを思いのままにつらつら語ります。たまにいいこと言いたがりなのはご愛嬌★

ドラえもんの感動回を振り返る

どうもです!

 

台風大丈夫ですか?

 

大阪は昨日ぶち当たったんですが、

 

なかなかのえげつない風雨でございました。。

 

まぁもちろん自宅待機ですけどね。

 

そして台風が過ぎ去った今日。

 

やはり肌寒いでございます。。。。木枯らし紋次郎だね。。

 

こんな肌も懐も寒い日にゃ、心だけでも温かくなりたいね

 

ということで今日は

 

かなり唐突に

 

ドラえもんの感動エピソードをご紹介したいと思います

 

f:id:seichon:20171030115926j:plain

1「さようならドラえもん

 

言わずと知れた感動回でございます。

 

未来へ帰らないといけなくなったドラえもんに対して

 

のび太が安心してドラえもんが帰れるようにジャイアンと対決します。

 

もちろんボコボコにやられるのですが、のび太はしがみつき離れません。

 

最後にはジャイアンに「悪かった。俺の負けだ」と言わせるのであります。

 

それを陰で見てたドラえもんに支えられながら

 

「これで安心して帰れるだろ?」とつぶやき、家に帰って眠りにつきます。

 

ドラえもんにそばで見守られながら。。。

 

そして一人きりの朝を迎えるのです。

「さようならドラえもん」 に対する画像結果

 

2、「おばあちゃんの思い出」

 

ゴミ捨て場に捨てられたぬいぐるみをみつけたのび太

 

亡くなったおばあちゃんによくぬいぐるみを縫ってもらったことを思い出します。

 

そしてタイムマシンでおばあちゃんに会いに行くのですが、

 

成長したのび太を見てもおばあちゃんにわかってもらえないと思い、

 

陰から見ていると、幼いのび太がわがまま放題言ってるのを目にし後悔します。

 

そしてつい見守るはずがおばあちゃんと対面し、言葉を交わしてしまいます。

 

「せめてあの子が小学生になるまで生きていられたら…」

 

というおばあちゃんの言葉を聞いたのび太は、

 

意を決して黒いランドセルを背負い「5年生になったのび太だ」と名乗って

 

正体を明かしてしまうのです。

 

しかしおばあちゃんは疑うことなく8年後ののび太を受け入れてくれました。

 

のび太は優しく懐かしいおばあちゃんのひざ元にすがり付き、

 

感極まって号泣するのでした。

ドラえもん おばあちゃんの思い出 に対する画像結果

 

3、のび太結婚前夜

 

ある日しずかちゃんと出木杉くんが空き地で仲良く「白雪姫」の劇の練習をしている

 

ところを見て、のび太は本当にしずかちゃんと結婚できるのか不安になります。

 

そこでタイムマシンを使って、のび太の結婚式の日付に行くのですが、

 

間違えて結婚式の前日に到着してしまいます。

 

せっかくだからと未来の様子を見て回ることになるのですが、

 

この途中、大人になったのび太 

 

いつの間にか僕は夜中に1人でトイレに行けるようになった、1人で電車に乗って会社に通うようになった。でも本当に僕は変わったのかな? ねぇドラえもん、僕は明日結婚するよ…

 

というちゃんとドラえもんに頼らずに成長できたのび太の姿や

 

結婚に対し困惑するしずかちゃんの様子を見ることになります。

 

しかし、最後にはしずかちゃんのお父さんののび太を評した

 

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる人だ

 

という言葉に感涙し、現在に帰っていくのです。

 

のび太の結婚前夜 に対する画像結果

 

 

 

 

どうでしたか?

 

かなりメジャーな話を紹介しましたがどれもこれも名作中の名作です。

 

イセキチは今必死で嗚咽を堪えております。

 

消して二日酔いではありません。

 

 

 では!

 

こちらもチェック↴

トップページ - 2chまるっとめ!