いろいろまとめブログ

気に入った記事を紹介していきます(^^)/

見よう!マモー!

どもども!

 

皆さんは子供のころルパン三世は見ていましたか?

 

僕は親の影響ですごく大好きでした!

 

スタイリッシュなアクションシーンに

 

どこかおどけてどんくさいルパン

 

不二子のお色気シーンは毎度青少年男子の心をくすぐられました。

 

そしてなんと9月には!!!

2017年8月28日 20:15
ルパン三世ルパンVS複製人間(クローン)」MX4D版の来場者特典のステッカー。原作:モンキー・パンチ (c)TMS
http://cdn2.natalie.mu/media/eiga/1708/0828/extra/news_xlarge_upin_20170828_0.jpg
大きなサイズで見る(全8枚)
http://natalie.mu/eiga/news/246455


ルパン三世ルパンVS複製人間(クローン)」のMX4D版が9月1日より全国にて上映される。入場者特典としてルパン三世とマモーをプリントしたオリジナルステッカーが、数量限定で配布されることがわかった。


ルパン三世ルパンVS複製人間」 原作:モンキー・パンチ (c)TMS
http://cdn2.natalie.mu/media/eiga/1708/0828/extra/news_xlarge_upin_20170828_03.jpg


今回4Kリマスター化されたバージョンが上映される本作は、1978年に公開された「ルパン三世」シリーズ劇場版第1作。自らを神と名乗る人物・マモーとルパン三世の対決を描く。
装甲騎兵ボトムズ」の脚本を手がけた吉川惣司が監督を務め、脚本に若松プロで活躍した大和屋竺、監修に高畑勲宮崎駿と組んで多くの作品を制作した大塚康生が名を連ねる。


吉川惣司
http://cdn2.natalie.mu/media/eiga/1708/0828/extra/news_xlarge_yoshikawasouji_201708.jpg


吉川は当時を振り返り「私が31歳の時に初めて監督したのですが、製作当時、劇場長編アニメは『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』だけでした。
テレビもマンガも『血と汗と涙』のスポ根一色の時代です。アダルトっぽい『洋画風』アニメが当たるわけがないと思われていました。ただ監督をまかされる機会は二度とないと思い、シナリオ段階からSFや40年前の科学知識などを注ぎ込みました。
『映画を盗め』という裏テーマのもと、いろいろな映画のパロディを指摘できないほどちりばめようとしました」と振り返っている。


ルパン三世ルパンVS複製人間(クローン)」MX4D版公開記念企画のビジュアル。原作:モンキー・パンチ (c)TMS
http://cdn2.natalie.mu/media/eiga/1708/0828/extra/news_xlarge_lupin_20170828_01.jpg


なお本作のMX4D版の公開を記念した企画が、明日8月29日18時から9月1日にかけて同シリーズのポータルサイトルパン三世NETWORKおよびシリーズ公式Twitterにて実施。
実施期間中はマモーがサイトをジャックし、ルパン三世NETWORKでは特別PVが限定公開される。
また9月1日から10日までの期間に、シリーズ公式Twitterをフォローし、キャンペーン告知のリツイートをすると、吉川のサイン入り劇場用ポスターやステッカーが抽選で当たるプレゼントキャンペーンも行われる。


ルパン三世 ルパンvs複製人間(クローン)MX4D®版 予告編
https://youtu.be/jQ8EmEyI9Zc

mamo

はい!名作来ました!!!

 

カリオストロの城と並び称されるルパンシリーズの傑作でございますよ!

 

この作品はなんといっても着想がかなり独創的で、

 

基本サスペンスアクションなのに最後に極度なSFな展開。

 

そして悪役であるマモーの子供にトラウマ植え付けること確実なインパクト!!!

 

いや~当時はガチで夢に出たよね。

 

もっとも内容がまるで人の夢の中を詰め合わせた超展開な内容ですから、

 

もうそのまま夢で見てもなにも可笑しくはないのですよ。

 

そしてエンディングは

 

「おーれーはールパンだぞぉ~♪」

 

ですからね。

 

もういろんな意味でこれほどの作品は世に出ないと言い切れます。

 

 

最後にこの映画をジャンル分けするとして

 

カリオストロの城がスタイリッシュ&ロマンスなら

 

複製人間はいい意味でカオス&カオスですね

 

では!(゜_゜>)

 

こちらもチェック↴

【映画】 「ルパンVS複製人間」MX4D版の来場者特典がステッカーに決定、監督コメントも公開 - 映画