いろいろまとめブログ

気に入った記事を紹介していきます(^^)/

病気はいい訳か?

こんにちは!

 

先日24時間テレビが放送されましたね!

 

毎度毎度挑戦とかお涙ちょうだいとかもううんざりだよ!とか思っていたのですが、

 

結局ちらっと見るだけでウルッと来てしまう自分に辟易としてました・・・

 

さて、くだんの番組

 

何の滞りもなくとはいかなかったようです

 

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1708/27/news018.html
2017年08月27日 13時38分

日本テレビ24時間テレビ」が8月26日に投稿したツイートが、非難の声を集めています。スケートの羽生選手出演を告知するものだったのですが、ツイート内容は以下の通り。

「この後は2歳の時に小児ぜん息と診断された羽生結弦選手が、病気を言い訳にせず世界のトップで戦い続ける思いをテレビで初告白。さらに、郷ひろみと氷上コラボ!全国の病気を抱える子供たちにエールを送る。是非お見逃しなく! #24時間テレビ40」

この投稿に、ぜん息の子どもを持つ視聴者などから「喘息その他で本当に運動のできない子どもたちが『僕は言い訳してると思われてるのか…』と傷つく」「羽生結弦選手がまるで病気を言い訳にするなとでも言っているかのようだけど、本人は全くそういう事は言っていない」「障がい持ちの方を応援したいなら言葉を慎重に選んで下さい 」「病人に面と向かって『病気を言い訳にせずに頑張って』と言えるものでしょうか」「障害者は全員言い訳みたいに聞こえるのでやめてください」といった声が寄せられています。

8月27日11時30分現在、日本テレビからツイートについての訂正などは特に行われていません。
(続きはソースをご覧下さい)
hanyu

羽生選手へのとばっちりもいいとこですよww

 

これ実際羽生選手が言ってたのかなと検索すると・・

 

羽生は「苦しいは苦しいですけど、僕らぜんそく持ちの選手からしたらそれが普通。自分がぜんそく持ちだからこんなにも競技がしんどいとか、そういう思いはほとんどなかった」と話した。

羽生結弦 2歳からぜんそく持ち…テレビ初告白、小児ぜんそく清水宏保を励みに

 

まぁ確かに「言い訳にせず」と言ってるようにも取れますが、

 

局側の言い回しが不味かった感じではありますね(*_*;

 

確かにクレームをつけている人たちの言い分も正しいとは思いますし、

 

なんでも”気合い”だとか”根性”では片付かない問題や現実もあります。

 

ただ僕自身の意見としては、

 

やるかやらないか決めるのは本人であって、

 

周りの人間が喘息だ障害だといって行動を制限してしまうのは違うと思います。

 

例え健常者で体が丈夫な人であっても、やりたい思わなかったらやらないんです。

 

逆に本人がやりたいと思えば、病気があっても障害があっても、やる人はやるんです。

 

確かに普通の人よりもハードルは高いし、苦しむことは多いとは思いますが、

 

”意思の問題”という点ではみな平等”なんだと僕は思います。

 

だから周囲としては本人の強い意志をなるべくサポートしてあげれば、それでいいんじゃないですかね?

 

 

たまにはちょっとマジメなことも言いたいんですwww

 

 

では!(゜_゜>)

 

こちらもチェック↴

24時間TVの公式Twitter、羽生結弦選手が告白した小児ぜん息について「病気を言い訳にせず」とツイートし物議 視聴者から非難 - スポーツ