いろいろまとめブログ

気に入った記事を紹介していきます(^^)/

肉製飲料

どもども!

 

八月でございます!

夏真っ盛りです!

皆さん熱中症とか大丈夫ですか?

水分は十分に取りましょうね!

夏バテでも食事はとりましょうね!

あ、これなら両方ばっちりですよ?

牛肉飲料か鶏肉飲料か?ペプシを超える狂気じみた新作が欧州を待つ

ドイツの肉屋ピーター・クラッセン氏が、市場に肉製飲料を打ち出す。独紙ディ・ヴェルトが29日報じた。

飲料は9月にドイツで販売が始まる。クラッセン氏(55)によると、ルクセンブルクとベルギー、フランスのメーカーとすでに契約を締結した。

ラッセン氏は「大きな関心が見られる。このようなものはまだ存在していない」と指摘し、国際特許を出願したと付け加えた。

現段階でクラッセン氏は次の3つの味からなるラインをすでに開発。「ステーキ」「ボンベイ牛」「ロイヤルチキン」だ。飲料を作るため、肉と野菜はブリオンで煮込まれ、ココア状のピュレになるまで粉砕される。その後液体はボトルにパッケージング、滅菌される。

ラッセン氏によると、飲料は冷暗所で1年保存できる。

https://jp.sputniknews.com/entertainment/201707313946582/meet

その発想はなかった・・・

というか、考えたくもなかった・・・・www

確かに今までそういう飲み物はなかったわけですが、

無いなりの理由があると思うんですよ(^_^;)

お菓子に味をつけるのとは違うわけでww

 

開発者もいったいどんな人に需要があると思ったんでしょうね?

ダチョウ倶楽部のジモンさんとか?

怖いもの見たさで一度は買うことはあるかもしれませんが、

もう一度飲みたいと思うんでしょうか?(*_*;

 

なんというか何事も挑戦は必要だとは思うんですが、

やりすぎじゃね?ww

 

まぁここまでいってますけど、

なんだかんだこういうのって

僕は嫌いじゃないんですけどねww

 

では!(゜_゜>)

 

こちらもチェック↴

【国際】ドイツの肉屋が「肉製飲料」を販売へ 肉と野菜を粉砕した液体をボトルに詰めて飲む(特許出願中) - 世界