いろいろまとめブログ

気に入った記事を紹介していきます(^^)/

自殺を仄めかす愚かさ

 こんにちは!

 

本日2本目です!

さて!世間で今一番ホットな夫婦といえば

やはり船越松居夫妻でしょうね(^_^;)

正直あまりにも毎日情報が更新、報道されるものですから、

個人的にはもう取り上げなくてもいいかなとも思ったんですが、

これは流石にという話がございましたので、紹介します(かなりの長文です)

公開された暴露動画は第11弾を数えた。なぜ松居一代(60才)はこれほどまでに船越英一郎(56才)を執拗に攻め続けているのか。決定的な証拠も何もない不倫を糾弾し、夫だけでなく一般女性の名誉を毀損し、今度は7年も前の一通の手紙を持ち出して夫の女性関係を声高に叫ぶ。それでも彼女は溜飲を下げることなく、熱を上げていくのはなぜなのか。

「何をしてでも、自分がどうなっても船越さんの地位をとにかく地に落としたい一心でしょう。松居さんの行動はそのためにこの3か月、自作自演の準備を続けてきたように見えます。さすがにもう見ていてつらい。なぜ彼女が引き返せなくなってしまったのか、松居さん自身にももう一度自分のしたことを振り返ってほしい…」(松居の知人)

 ここに本誌・女性セブンが入手した2通の「遺書」全文がある。今年4月に松居から船越宛に書かれたものだ。自筆で乱れることなく書かれたその文面を見ると、今回の騒動の奇妙さが浮かび上がってくる。

 松居はブログや動画で私生活を公開することによって世間の注目を集めている。アクセス数も多く、それが大きな収入に繋がっていると見られる。自分や夫、無関係の女性たちのプライベートの暴露が、彼女のビジネスにもなっている。それと同時に、自分に都合の悪い事実は公開されず、闇に葬られたままだ。

 騒動の真相はどこにあるのか──そのような状況を鑑みて、女性セブンは松居がしたためた「遺書」の公開に踏み切った。

 船越が松居に真剣に離婚の意思を伝えたのは2015年11月のこと。別居生活を続ける中で、半年後の2016年5月に再度話し合いの場を持ち、松居は「2017年2月まで待ってくれれば素直に離婚に応じる」と言い、円満に卒婚できるのであればと船越も納得していた。

「ですが2月が近づくと松居さんは離婚しないと言い出しました。船越さんがNHKの『ごごナマ』の司会が決まったこともあって、“離婚はできないだろう”という計算もあったのかもしれません。そのまま話し合いは4月にもつれ込んだんです」(前出・松居の知人

4月18日深夜、松居は別居先である船越のマンションを訪れた。

「離婚はしたくない。もし離婚するならすべてを暴露するという話だったようです。離婚するなら死ぬというようなことも口走って…。船越さんは必死に松居さんをなだめてなんとかその場をおさめたんでしょう」(松居を知る芸能関係者)

 しかし翌19日、松居は船越に「死ぬ」と伝え、自宅寝室に船越と息子に1通ずつ遺書を宛て、行方不明になった。

 自宅に残された「遺書」にはこう綴られていた。

船越栄一郎さま(※編集部注 原文ママ

 最後に顔をみられてうれしかったです。この一年半は時間が止まったようで、とてもつらい毎日でした。(中略)

 ずっと反省をして毎日耐えてきましたが、もう自分を支えることができなくなってきました。とても愛していました。遠くからでもいいと思って毎日過ごしてきましたが、もうひとりの寂しさに耐えていくことが苦しくなってしまいました。勝手をしますが、息子(原文では実名)のことを御願いします。最後にせなかをさすってくださってありがとう さようなら》

「今までも死ぬとわめくようなことは何度かあった。でも、そういった形で遺書が書かれていたのは初めてだったので、船越さんは相当取り乱していたようです。周囲が大丈夫だよと言ってもまったくダメ。船越さん、7年前に妹さんを自殺で亡くしていますから…。とにかく関係各所に徹夜で連絡をとっていた」(船越家の関係者)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170719-00000014-pseven-ent&p=1                     wife
この後まだ文章は続くんですが、長くなりすぎるんで端折ります。
(下記リンクサイトには載ってます)
かいつまむと、結局松居さんはケロッとしていて、投資信託を解約して1円支払ってくれないと死ぬと言ったそうです。
結局船越さんは周囲の説得もあって支払わないんですが、
そしたら松居さんは普通にテレビに出たかと思えば
また船越さん宅に不法侵入し自殺騒動・・・・
 
すごいですね。
最終的に松居さん自身はお金が欲しいんでしょう。
別にお金を求める欲深さはあってもいいと思います。
そのために多少強引な手を使うことも致し方ないのかもしれません。
 
でも、人を貶めちゃダメでしょ。
ましてや人の一番デリケートな部分に付け入って脅し文句にするのはさらに酷い。
肉親や親しい人を自殺で失うということは本人にとって深い深い心の傷を残します。
傷は消えることはなく、一生向き合って生きていくしかありません。
そんな心を一番わかっている人間が、それを素知らぬ顔して自殺を仄めかす。
世の中いろんな人間がいるもんです。
 
松居さん本人は船越さんを悪者にできてると思い込んでるかもしれませんが、
今回の騒動で明らかになるのは、松居さんの人間性でしょうね。
 
では。
 
こちらもチェック↴