いろいろまとめブログ

気に入った記事を紹介していきます(^^)/

カエルで日常を振り返る

どもども!

 

月曜日です(´・c_・`)

毎度の事ながらブルーを通り越してブラックですが、今週を乗りきれば、

三連休ですよ!(*´∀`)ノワーイ

それまで我慢するために

まず、ちょっとのほほんとしませんか?

(但しカエル嫌いは注意)


よく見るとかわいい? カエルの剥製で人間の暮らしを再現する博物館 スイス 写真13枚 国際ニュース:AFPBB News

【7月9日 AFP】スイス西部エスタバイエルラック(Estavayer-le-Lac)のカエルミュージアム(Frog Museum)には、108匹のカエルの剥製が展示されている。

 表情豊かなこのカエルたちは1848~60年、フランソワ・ペリエ(Francois Perrier)氏によって制作された。

 博物館ではカエルたちを使って19世紀の生活の様子を紹介。カエルたちは学校で勉強したりトランプをしたりと、150年前の暮らしを満喫している。(c)AFP

2017/07/09 10:00(エスタバイエルラック/スイス)

スイスのエスタバイエルラックにあるカエルミュージアムで、夕飯を食べているカエルたち(2017年6月22日撮影)。(c)AFP/Fabrice COFFRINI


f:id:seichon:20170710121613j:image

スイスのエスタバイエルラックにあるカエルミュージアムで、晩さん会を開くカエルたち(2017年6月22日撮影)。(c)AFP/Fabrice COFFRINI
f:id:seichon:20170710121726j:image


スイスのエスタバイエルラックにあるカエルミュージアムで、トランプで遊ぶカエルたち(2017年6月22日撮影)。(c)AFP/Fabrice COFFRINI
f:id:seichon:20170710121636j:image

スイスのエスタバイエルラックにあるカエルミュージアムで、授業を受けるカエルたち(2017年6月22日撮影)。(c)AFP/Fabrice COFFRINI
f:id:seichon:20170710121652j:image


スイスのエスタバイエルラックにあるカエルミュージアムで、リスに乗るカエル(2017年6月22日撮影)。(c)AFP/Fabrice COFFRINI


f:id:seichon:20170710121815j:image

 

 これは和む( ´_ゝ`)

 

剥製で作る必要があるのかという

野暮な指摘は置いといて、

カエルにしか出せない独特の表情ってほんとにいいですよね(о´∀`о)

 

それと同時に僕らが送ってる日常も

外から見れば、こんな感じで滑稽なのかなとなんだか可笑しくなってきますwww

 

日本でいう鳥獣戯画なんかもこの類いですよね!

全くもっていつの時代も面白いことを考えるひとはいるもんだと感心させられます( ´_ゝ`)

 

では!(ノ゜ο゜)ノ

 

こちらもチェック↓

【スイス】よく見るとかわいい? カエルの剥製で人間の暮らしを再現する博物館 - 動物