読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろまとめブログ

気に入った記事を紹介していきます(^^)/

コナンの実力!!

どうもです!

 

今日も快晴ですね!

お出かけ日和ですがお出かけはしません。

家で「シン・ゴジラ」を見る予定なんです|д゚)

そうです、引きこもるための口実です!

 
ディズニーアニメの中でも人気最上位の「美女と野獣」。その待望の実写版で、「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー役で知名度抜群のエマが主演という話題性もあり、公開前から大ヒットは約束されていた。あとは、ゴールデンウィークにかけてどれだけの特大ヒットを記録するかに注目が集まっているというのだが‥‥いきなり出ばなをくじかれたという声が一部から聞こえている。どうやら、初動(公開最初の週末土日)の数字が1週前に公開された人気アニメ「名探偵コナン2017 から紅の恋歌(からくれないのラブレター)」に及びそうにないというのだ。

「コナンが最初の土日で観客動員数98万人、興行収入12億8000万円という、一昨年の超大作『スター・ウォーズ フォースの覚醒』を上回るとんでもない数字を叩き出したこともありますが、『美女と野獣』は各地のシネコンの見込み違いが大きく響きそうだと言われています」(映画誌記者)

近年、ディズニーを中心としたファミリー向けのアニメやファンタジー大作は、字幕版より吹替版の動員が上回る傾向にある。社会現象となった「アナ雪」を筆頭に、現在大ヒットしている「モアナと伝説の海」「SING シング」もそのパターン。ファミリーの多い郊外では字幕版を上映しない劇場も多く、「美女と野獣」はそこまで極端ではないものの、郊外や地方のシネコンでは大箱(客席数の多い)は吹替版、字幕版は中箱という箱割がほとんどだという。

「ところが、今作に限っては吹替版の予約の出足が非常に鈍い。逆に客席数の少ない字幕版が先に埋まって、難民(チケットが買えない)が出るという劇場側の見込み違いが起こっています。週末1位は確実ですが、これが初動の数字に影響するのは間違いありません」(前出・映画誌記者)


以下略です。全文は下記引用元よりご覧ください|ω・)
アサジョ(平山リン)
http://asajo.jp/excerpt/28211         ema

コナンすげー|д゚)

やはりコナンは国民的アニメなんですね!

作品数も21本目というんですから驚きです!

ちなみに連載は24周年目・・・

ということは作中でちゃんと時が流れているのなら、

新一や蘭は17歳の設定ですから、四十い・・・

おっと!無粋なことはここまでだ!ヽ(・∀・)ノ

 

個人的には美女と野獣の方が面白そうな気がするんですけど、

やはり全年齢向けの映画としてはコナンが根強いんでしょうね(´・ω・`)

 

まぁ、そんなこというて

 

僕昨日コナンの映画見てきたんですけどねwww

とても面白かったですwww

 

では!ヽ(*´∀`)ノ

 

こちらもチェック↓

【映画】エマ・ワトソンがコナンに完敗!?実写版『美女と野獣』のまさかの誤算とは - 映画