イセキチだってつれづれ語りたい

無駄に多趣味で広く浅い知識しか持ち合わせないアラサー男が、気になったことを思いのままにつらつら語ります。

真央ちゃん引退

どもども!

 

雨ですね~( ;∀;)

こんな日ぐらい明るいニュースを聞きたいところですが、

今日はちょっと残念なお話です~

 

フィギュアの浅田真央(26、中京大)が10日、午後10時51分付けのブログで電撃引退を発表した。

「突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました」で始まる引退発表文は、「ソチオリンピックシーズンの世界選手権は最高の演技と結果で終える事ができました。その時に選手生活を終えていたら、今も選手として復帰することを望んでいたかもしれません。

実際に選手としてやってみなければ分からない事もたくさんありました。復帰してからは、自分が望む演技や結果を出す事が出来ず、悩む事が多くなりました。そして、去年の全日本選手権を終えた後、それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました」と続き、昨年12月の全日本選手権で12位と惨敗、世界選手権への出場権を逃した結果が引退への決断につながったことを明らかにしている。

 だが、このタイミングでの引退発表した引き金としては3月下旬にヘルシンキで行われた世界選手権で日本女子が来年の平昌五輪の出場枠の「3」を確保できずに「2」に減ったことも考えられる。
 
 まだ平昌五輪の選考基準は明らかになっていないが、ソチ五輪の選考基準が(1)1人目は全日本選手権優勝者(2) 2人目は、全日本2位、3位の選手とグランプリ・ファイナルの日本人表彰台最上位者の中から選考。(3) 3人目は、2の選考から漏れた選手と、全日本選手権終了時点でのワールド・ランキング日本人上位3名、ISUシーズンベストスコアの日本人上位3名選手の中から選考。という3つの基準であったことを参考にすると、平昌五輪に出場するためには全日本優勝か、グランプリファイナル上位に食い込む必要が出てくる。

 そうなると全日本で3連覇を果たしている宮原知子の牙城は高く、残り1枠の争いには、世界選手権5位と台頭してきた三原舞依や、ジュニアからシニアデビューしてくる本田真凛、坂本花織らと勝負をしなければならない。心身共に充実していれば、勝負もできただろうが、浅田は、今季の戦いで大きな不安を残していた。

 26歳の浅田は、6位に終わったソチ五輪後、日本開催となった世界選手権で自己ベストを大きく更新して4年ぶり3度目の優勝を果たしたが、「(復帰は)ハーフ、ハーフ」の言葉を残して1年半の休養に入った。2シーズン前に復帰、GPシリーズの中国杯で優勝、健在ぶりを世界にアピールしたが、NHK杯ではジャンプにミスが目立ち3位、GPファイナルには出場したが、出場選手中最下位に終わっていた。全日本では3位となり、世界選手権出場権を得たが7位だった。

つづく

THE PAGE2017年4月11日06時00分
https://news.infoseek.co.jp/article/thepage_20170410-00000001-wordleafs
 復帰2シーズン目となる今季は、開幕前から左膝への不安を抱え、前哨戦のフィンランド杯、GPシリーズのアメリカ杯、フランス杯と、3試合で自身の象徴であるトリプルアクセルは封印した。

アメリカ杯は6位、フランス杯も、ショートで8位と出遅れると、逆転を狙ったフリーでは、トリプルルッツサルコー、フリップという3つの3回転ジャンプが、すべてダウングレードの2回転に終わって技術点を大きく失い、自己ワーストとなる9位。真央自身、「自信がすべて失われました」と大粒の涙を流すほどショッキングな惨敗となり、出場が危ぶまれた全日本では、ショートでトリプルアクセルがシングルに終わり、フリーでもトリプルアクセルに転倒、3回転サルコーでも転倒するなど無残な内容で12位に終わり世界選手権の出場を逃していた。

 故障をひきずって思ったような練習、準備を積めず、武器であるトリプルアクセルを安定させることも、苦手な3回転ルッツを克服するようなトレーニングもできなかった。ただでさえ完璧主義者の浅田は、心身共に自信を喪失した。故障の回復が遅れたのには、トリプルアクセルという大技の肉体への負担と年齢からくる体力のバランスの崩れもあったのかもしれない。

 本来ならば、この時期から平昌五輪に向けての勝負のプログラムを作っておかねばならなかったが、肉体と精神の回復に手ごたえを感じることができずに、しかも、3枠から2枠に平昌五輪の出場枠が減ったこともあって、モチベーションを高めて五輪出場をかけるシーズンへ踏み出すことができなかったのだろう。

 また先の世界選手権では優勝したロシアの絶対女王、 エフゲーニャ・メドベージェワ(17)を筆頭に上位3人が、210点を超えた。3回転+3回転を軸に、プログラムコンポーネンツの中身が進化していて、表彰台に上がるにはミスは許されないほど高度なレベルとなっている。心身共に充実していなければ、とても世界で勝負できないという現状を浅田自身も深く受け止めたのかもしれなかった。

 浅田は、引退発表のブログを「このような決断になりましたが、私のフィギュアスケート人生に悔いはありません。これは、自分にとって大きな決断でしたが、人生の中の1つの通過点だと思っています。この先も新たな夢や目標を見つけて、笑顔を忘れずに、前進していきたいと思っています。皆様、今までたくさんの応援、本当にありがとうございました」と結んだ。

 復帰後の結末は、ハッピーエンドとはいかなかったが、この2シーズンの勇気あるチャレンジは賞賛されるべきものだろう。伝説のスケーターとして、その名を女子フィギュア界に残したことは間違いない               mao
ついに真央ちゃん引退ですわ~(´・ω・`)
最近調子も落ちてましたし、若手にグングン抜かれてましたからね
そろそろかもな~とは思ってはいましたが。。
いざ引退するとなるとやはり少し寂しいですね~
 
考えたらバンクバーも7年前なんですよ!
今思えばあっという間ですが、その間にいろんな苦労や苦悩があったはずです。
しかもテレビの露出が多い分、矢面に立たされて批判を浴びることも多かったと思います。
そんな中モチベーションを保ち続けたのは本当にすごいことだと思うのです( ;∀;)
 
真央ちゃんもまだ26歳ですし、
これからは自分の好きなことを好きなようにやっていってほしいな思います!
 
本当にお疲れ様でした!
 
では!(^^)/
 
こちらもチェック☟