いろいろまとめブログ

気に入った記事を紹介していきます(^^)/

そっとしとおいて用セーター

こんにちは!

 

今日も寒いですね!

最近やっとこさセーターを出したんですが

首がかゆすぎて死にそうです(@_@;)

 

さて、世の中にはいろんなセーターがあるようで、

こんなセーターも・・・

http://japan.techinsight.jp/wp-content/uploads/2017/01/ellis01120849.jpg
話しかけられない雰囲気100%のセーター!?(出典:http://metro.co.uk

ひょんなことからアイデアが生まれ、それが思わぬ発明品となるケースは多い。
このほど、ある女性が考案した「私を放っておいて(Leave Me Alone)」セーターが話題になっている。
文字通り、放っておいてほしい時に着ると絶大な効果を発揮するそうなのだが…。

誰にでも「そっとしておいてほしい」という時はあるだろう。
しかし世の中には、空気が読めないという人も存在する。
また、あからさまに言葉で伝えてしまうと気まずい雰囲気になってしまうことも往々にしてある。
そんな時に役立つのがこの「私を放っておいて(Leave Me Alone)」セーターというわけだ。

このなんとも斬新なセーターを考案したのは、ルース・グレース・ウォンさんという女性である。
一見普通のロールネックセーターだが、ネック部分をグッと上に引き上げてジッパーを締めれば、頭部分がすっぽりと覆われてしまい「話しかけるな」という雰囲気が100%出せるという代物だ。

ルースさん曰く
「ジッパーを締めてしまうと、何も見えなくなってしまう以外に多少、呼吸がしにくくなるのですが、それでも“放っておいて”というメッセージは周りに十分伝わるはず」とのことだ。

さらにルースさんは、カウル・ネック(オフタートル)やオフショルダーといった普通のセーターとして着ることも可能だが「私を放っておいて」セーターとして多用する人は「目の部分に穴を開けるといいかも」とおすすめしている。

公共の場でこのような姿を見かけたら思わずギョッとしてしまいそうなセーターだが、ルースさんはDIYで生み出した商品の作り方を伝授するサイト『instructables.com』で公開しており、厚手のニット生地(約1.8メートル)、ジッパー、針と糸を揃えれば、ミシンや手縫いで簡単に作ることが可能と紹介している。

この斬新で機能的な「私を放っておいて」セーターに、ネットユーザーからは

「電車の中で居眠りしたい時に最適だね」
「私は内向的な性格だからこういうセーターが欲しいわ」
「放っておいてほしい人って、周りの注目を集めたくない人だと思うけど、これを着るとかえって注目されるよね」
「こんなセーターを着ていると、逆に誰かが心配して『大丈夫ですか』って話しかけてくるかも」
「夏用も発明してくれないかな」

などといった声があがっている。

http://japan.techinsight.jp/2017/01/ellis01120617.html

hottoke

これは画期的ですね~\(^o^)/

面白いことを考えるものです!

これなら間違いなく周りはそっとしておくでしょうし、

しかもめちゃめちゃ暖かそうじゃないですか!

まぁ前は見えませんが、

それでも保温性とアイデアが詰まったいい商品じゃないでしょうか!

 

まぁこのまま外出たら

ひょっとしたら警察はそっとしておいてくれないかもしれませんがねww

あと間違いなく子供は泣くでしょうねww

 

では!\(^o^)/

 

こちらもチェック↴

2chまるっとめ! - そっとしておいて欲しい時におすすめ!斬新で機能的な『私を放っておいてセーター』が話題に