イセキチだってつれづれ語りたい

無駄に多趣味で広く浅い知識しか持ち合わせないアラサー男が、気になったことを思いのままにつらつら語ります。たまにいいこと言いたがりなのはご愛嬌★

目に貼るタイプのモニター

こんにちは!

 

まず初めに昨日の記事に関して謝罪させてください

WHOの発表について、

どうやら翻訳の誤ったものがネットで拡散したらしく、

WHO自体は「独身者は障害者」などという発表はしていない

とのことでした。

「性的パートナーがいない人は障がい者?」誤訳を元に波紋広がる 元記事は不妊の定義変更を取り上げたもの - ねとらぼ

知らぬこととはいえ、

間違った情報を流してしまったことには変わりません。

記事をお読みになった方には大変申し訳ございませんでした。

今後は正確な情報か精査したうえで、

皆様に情報をお届けいたしますのでよろしくお願いいたします。

 

さて今日はこんな記事!

iPhoneとスマートコンタクトレンズで「AR」体験が可能に!

スマートコンタクトレンズの開発で知られるEPGLが、iPhoneと連携させて、AR(拡張現実)が体験できるスマートコンタクトレンズおよびiOSアプリの開発を進めていることがわかりました。

Appleと協力、AR向けレンズを開発

医薬部品メーカーEPGLのマイケル・ヘイズ社長は、iPhoneと連携し、ARアプリによる映像を投影できるスマートコンタクトレンズの開発を、Appleの協力を得て進めていることを明らかにしました。
スマートコンタクトレンズの外周に沿ってセンサーやストレージ、電子回路などが埋め込まれており、普通のコンタクトレンズと同じ感覚で着用することができます。
Google GlassなどのようなVRグラスと違い、着用していても周囲に気づかれません。

またEPGLによれば、スマートコンタクトレンズの場合VRグラスの「縁」のような視界を遮るものがないため、非常にクリアで見やすいとのことです。
スマートコンタクトレンズはまばたきによって充電され、映像はストレージに保存可能で、自動的に焦点を合わせることができます。

画像:http://iphone-mania.jp/wp-content/uploads/2016/10/18667-17949-epgl-top-l-e1476776617413.jpg

(▼続きはリンク先の記事ソースでご覧ください)

iPhone Mania 2016年10月18日16時49分
http://iphone-mania.jp/news-141044/

f:id:seichon:20161024111749j:plain

ついにコンタクトレンズのサイズまで来ましたね!\(^o^)/

しかも瞬きで充電って未来感が半端なさすぎですね!

 

でも昨今スマホが爆発や延焼する事例もいくつかあるみたいですから

眼鏡ならともかく目に直接つけるのは中々勇気がいりますね~(-_-;)

 

恐い!でも着けてみたい!

でもやっぱり恐い!

 

未来への一歩を踏み出すのはいつの時代も勇気が必要ですね

 

では!(^^)/

 

こちらもチェック↴

2chまるっとめ! - 【技術】iPhoneと連携し「AR(拡張現実)」を体験できるコンタクトレンズを開発(画像あり)