イセキチだってつれづれ語りたい

無駄に多趣味で広く浅い知識しか持ち合わせないアラサー男が、気になったことを思いのままにつらつら語ります。たまにいいこと言いたがりなのはご愛嬌★

チェーンソーで猫

こんにちは!

 

行楽シーズンで

いろんなとこに出かける機会も増える

今日この頃ですが、

皆さんはどこかお出かけになりましたか?

 

只今山口の荻市ではこんなものが・・

 山口市のチェーンソーカービング作家、林隆雄さん(44)がネコをテーマにした初の作品展「50匹の猫展」を萩市の雲林寺で開いている。31日まで。

 脱サラしてログハウス建築家になった林さんは14年前からチェーンソーを使った彫刻を始め、これまで国内外の大会で何度も優勝している。
雲林寺は「猫寺」とも呼ばれ、600点以上の招き猫やネコを描いた絵などが飾られている。

 角田慈成(すみだじせい)住職(46)と林さんは長年親交があり、作品展には新作を中心に50点ほどを展示。
木目がなければ本物と見間違うほどの柔らかいネコのフォルムや豊かな表情が楽しめる。同じネコ科のライオンやトラの大作も各所に隠されるように配置している。

 林さんは「ネコらしいしぐさやちょっとした動きを削り出してみました」。12、13の両日はカービングの実演もある。

http://img.sippolife.jp/S2900/upload/2016100600001_1.jpg
展示された大小の作品と林隆雄さん=山口県萩市

http://sippolife.jp/article/2016100600001.html
朝日新聞朝日新聞デジタル|更新|2016/10/08

f:id:seichon:20161017130637j:plain

チェーンソーで猫とかすごいですよねー!

でも・・

僕だけでしょうか?

コレジャナイ感が

てっきりこういうのを想像してました

f:id:seichon:20161017130904j:plain

 

ぜひ見に行ってみては?(^O^)

 

ではヽ(´▽`)/

 

こちらもチェック↓

2chまるっとめ! - 【山口】チェーンソーで削った木の猫 萩の猫寺で「50匹の猫」展示