いろいろまとめブログ

気に入った記事を紹介していきます(^^)/

最期の手の意味

こんにちは!

台風がまた近づいてますね(´・ω・`)

去った後は涼しくなるのはありがたいんですが、

被害にあわれた方のニュースを見ると複雑です

 

愛する人やペットを失うというのは

どうしようもないほど悲しいものですから

死期を悟った猫 飼い主の手をつかみお別れの“握手”
米ソーシャルニュースサイトの『Reddit』に投稿された1枚の写真。
1匹の猫が、長年可愛がってくれた飼い主の手をギュッとつかんでいる。
 実はこの写真、体調が悪く思うように動けなくなった猫を少しでも楽に逝かせてあげようと、動物病院に向う途中で撮られたものだった。
“abernha3”さんが『Reddit』に「哀悼・喪失(mourning/loss)」と題して投稿したのは、飼い猫のリトル・アンドリュー(Little Andrew)の最期の日の写真だ。
アンドリューは15歳半、人間でいうと78歳くらいになるおじいちゃんだった。
 人懐っこい猫だが昨年から体調が悪く、ここ数日はゴロゴロと喉を鳴らすことさえできなくなっていた。
abernha3さんは「ついにその時が来てしまいました。アンドリューを動物病院へ連れて行くのは今日が最後になります」と悲しい胸のうちを明かし、「車の中でアンドリューが僕の手をギュッと握ったんだ。僕らなんかより、アンドリューはずっとしっかりしてるよ」と綴った。

 

f:id:seichon:20160902120917j:plain

 

僕もちょっとだけ泣きそうになりました。。

ただ安楽死というところで賛否が分かれる話ではありますね(-_-;)

ですが、僕も猫を看取ったことがありますが、

少しずつ動けなくなっていく様子は本当に胸が締め付けられます。

 

なので選択肢の一つとしては考えてもいいのかもしれません。

 

では|д゚)

 

こちらもチェック!↴

2chまるっとめ! - 【アメリカ】死期を悟った猫 飼い主の手をつかみお別れの“握手”